FC2ブログ


簡単な道具で始めるシンプルキャンプサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://simplecamp.blog16.fc2.com/tb.php/31-db3cc155

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

簡単な道具で始めるシンプルキャンプサイトトップ >キャンプ道具について(全般1) >>お金をかけずに道具をそろえてみましょう

お金をかけずに道具をそろえてみましょう

シンプルキャンプなどと言っても、キャンプをするのにはいろいろ道具が必要になります。
そして、お金もけっこうかかります。
とりあえず、あまりお金をかけずにキャンプを始めたい場合、どうすればいいのでしょうか。
今回は、そのあたりを具体的に挙げてみたいとおもいます。

<衣>
・雨具(カッパ)
 これは100円ショップなどで売っているもので済ませましょう。
 高価なものを買っても、山登りとかするのでなければ、あまり意味はありません。
・軍手
 ホームセンターなどで、1ダース200円くらいで買えますので、問題なしです。

<食>
・コンロ
 家庭で使うカセットコンロでOKでしょう。
 なにか風よけになるものを用意すれば完璧です。
・ナベ、ザル
 家にあるものでOKです。
・包丁、まな板、その他調理用品
 もちろん、家にあるものでOKです。
・食器
 ポリプロピレンの食器なら4人用セットで1000円くらいでしょうか。
 100円ショップで探すのもいいとおもいます。
・クーラーボックス
 どうしても安く済ませたい場合は、発泡スチロールのものを使いましょう。
 釣具屋などで売っていますが、魚屋さんにたのめばもらえるかも。
・各種調味料等とその入れ物
 空き瓶などを捨てずにとっておくと、へたなものを買うより使いやすいかもしれません。
・水を入れるタンク
 2Lのペットボトル2本もあれば、あまり不便は感じないかも。

<住>
・テント
 最近は安くても悪くないものが少なくありません。
 2人用なら5000円、4人用なら1万円くらいからあるとおもいます。
・マット(テントの全面に敷く薄いやつとシュラフの下に敷く厚いやつ)
 銀マットで決まりでしょう。
・シュラフ(寝袋)
 スポーツ用品チェーンのPB商品など、安くて良いものがあります。
 アレコレこだわらなければ、1000円しないものもあります。
・タープ
 タープなしで行くのも、十分ありだとおもいます。
 雨が降ったらテーブルなどにはレジャーシートでもかけておき、人間はクルマに避難します。
 買うなら小型のヘキサゴンタイプがおすすめです。
・テーブル、イス
 テープル、イスとも小型のものにすれば安くすませます。
・ランタン
 2つあると便利なのですが、安くかつ簡単に済ますなら、LEDのものを1つだけでもいいでしょう。

初めてキャンプに行こうという方が、はじめから高価な道具を買うのは、2つの問題があります。
ひとつは、どんなものがいいのか、分からないだろうということ。
もうひとつは、キャンプが気に入るかどうか分からないということです。
10万円以上かけて道具をそろえたのに、ちょっと虫が出ただけで「もう来ない~」なんて人もいるとかいないとか・・・。

これからキャンプを始める方には、簡単な道具で始めることをおすすめします。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://simplecamp.blog16.fc2.com/tb.php/31-db3cc155

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

◆ブログランキング◆

ご覧いただいたついでに、下のいずれかひとつでもクリックしていただけるとありがたいです。
なぜありがたいかと申しますと、ブログのランキングが上がります。ブログのランキングが上がると何がそんなにいいのかと申しますと、はて、なぜなのでしょうか? ご協力ありがとうございます!(クリックは1日1回のみ有効です)

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

ひのきぼらまる

Author:ひのきぼらまる
こんにちは、ひのきぼらまるです。
三度の飯をキャンプ場で食べるのが大好きです。

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

amazon

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。