FC2ブログ


簡単な道具で始めるシンプルキャンプサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://simplecamp.blog16.fc2.com/tb.php/38-f881336d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

簡単な道具で始めるシンプルキャンプサイトトップ >忘れられないキャンプ1 >>僕がテントを買ったわけ

僕がテントを買ったわけ

だいぶ前の話ですが、1991年の夏のことです。
初めてクルマを買ったばかりの僕は、用もないのにあちこち出かけてばかりいました。
その時も友人(男)とふたりで愛車のレガシィに乗って、富士山方面に向かいました。
特に行く先も決めずに出かけるプチ漂泊です。
出かけたのがすでに夜だったので、山中湖についたのはもう夜中といっていい時刻でした。

夏でしたらか出かける時は暑かったはずですが、山中湖の気温は20度くらいで、ちょっと肌寒いくらいだったとおもいます。(山中湖は標高が1000m近くあって、真夏でも涼しいところです)
山中湖についたといっても、別に山中湖に行こうとおもっていたわけではなく、なんとなく走っているうちにたどり着いたところが山中湖だった、というだけなので、それからどうしようというあてもありませんでした。
とりあえずクルマの中で一眠りするか、ということにしました。

友人とふたり、どちらがどこで寝たかとか、そういうあたりは覚えていないのですが、クルマの中で眠るというのは思いのほか難しいということを知りました。
だれでもクルマの後部座席などで熟睡したことはあるとおもいますが、それとはまったく違うのです。

エンジンを切り、空調の止まったクルマの中は、すぐに暑くなりました。
これはだめだということで、窓を少し開けたのですが、今度は寒くなりました。
外の気温は20度くらいで、少し風もありましたので、毛布もかけずに眠るのには寒すぎでした。
窓の開け方をあれこれ試したのですが、どうしてもうまくいかず、結局はろくに眠れませんでした。

この時に、僕たちが考えたのは「プチ漂泊にはテントと寝袋が必要だ」ということでした。
クルマの中で眠ってみて、クルマというのは眠るためのものじゃない、眠るためのものというのはテントと寝袋だということを直感的に理解したわけです。
山中湖から家の近くまで帰った僕たちは、その足でホームセンターに行って3980円のテントと980円の寝袋を買って、次のプチ漂泊に備えたのです。

これが、僕が初めてテントを買った理由でした。
そしてこれがキャンプにのめりこんでいった始まりでした。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://simplecamp.blog16.fc2.com/tb.php/38-f881336d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

◆ブログランキング◆

ご覧いただいたついでに、下のいずれかひとつでもクリックしていただけるとありがたいです。
なぜありがたいかと申しますと、ブログのランキングが上がります。ブログのランキングが上がると何がそんなにいいのかと申しますと、はて、なぜなのでしょうか? ご協力ありがとうございます!(クリックは1日1回のみ有効です)

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

ひのきぼらまる

Author:ひのきぼらまる
こんにちは、ひのきぼらまるです。
三度の飯をキャンプ場で食べるのが大好きです。

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

amazon

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。