FC2ブログ


簡単な道具で始めるシンプルキャンプサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://simplecamp.blog16.fc2.com/tb.php/90-94eedc4b

-件のトラックバック

-件のコメント

[C158] 山はいいですね。

自然の世界には直線が存在しませんよね。
人間だけが直線の2次元の世界を作れる。
ビル。道路。道具....すべてが直線の2次元。
でも時々、疲れます。
藪漕ぎを好む私の場合、その辺に楽しみの根源があるような気がします。

藪の中を歩くとき、身体中が3次元な動きをします。
藪の中には、覆い茂るシダの群生を抜けて、四方2メートルぐらいのポカンと開けた空間が時々あります。そこに座って水を飲むと、原始的な思考が体中から湧き出て、なんともイキキとしてくる。
本来の自分が内から出てくる感じがあります。

ん~。何書いてるんでしょう,,,,,,,
とにかく.......
そこに藪があるから....................ですね。
  • 2010-03-15
  • Trek
  • URL
  • 編集

[C159] Re: 山はいいですね。

Trekさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 藪漕ぎを好む私の場合、その辺に楽しみの根源があるような気がします。

藪漕ぎ!ディープな世界ですね!
実は、我が家では藪漕ぎ好きに敬意を払う伝統があったりします。(なんのことやら・・・笑)
田舎の両親も山が好きなので、山梨に帰るとよく山の話をするのですが、そんな時によく話題になるのは、山好きが高じると藪漕ぎにたどり着くという話です。
実際の所、うそか本当かよくわからないのですが・・・。
  • 2010-03-16
  • ひのきぼらまる
  • URL
  • 編集

[C160] レッドカーペット

山歩きの友人を、藪に連れて行った時、こんな事言われたことがあります。
『さっきから右の道とか左の道とか言ってるけど、根本的に道の無い所に今、居る気がするんだけど.......しかもずっと中腰だし............』

ところがですね~。
長く藪を歩いてると、見えてくるんですよ。
藪の中にレッドカーペットが見えるんです。
クネクネと細いレッドカーペットが延々と先まで。
藪。止められません。
ひのきぼらまるさんがご近所なら誘ってるのに。残念。
  • 2010-03-17
  • Trek
  • URL
  • 編集

[C161] Re: レッドカーペット

Trekさん、こんばんは。

> 藪の中にレッドカーペットが見えるんです。
> クネクネと細いレッドカーペットが延々と先まで。
> 藪。止められません。

なるほど~。
そんな感じなんですねぇ~。
なんだかわかるような気がします。

> ひのきぼらまるさんがご近所なら誘ってるのに。残念。

たしかに、ちょっと遠いですね~。
Trekさんの裏山におじゃましたいのは山々ですが・・・。
  • 2010-03-17
  • ひのきぼらまる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

簡単な道具で始めるシンプルキャンプサイトトップ >トレッキング >>簡単な道具で始める山歩き-その1(なぜ山歩きするのか)

簡単な道具で始める山歩き-その1(なぜ山歩きするのか)

山間部のキャンプ場に行きますと、キャンプ場の近くにそのあたりの山への登山口があることがあります。
もちろん、登山口といってもなにか特別なものがあるわけではなく、小さな標識があって、そこから登山道が始まっているというだけなのですが、色とりどりのザックを背負った登山者を見かけたりするのでそれとわかります。
この登山道の奥には、何があるんだろう?なんて、気になったことがあるという方も多いのではないでしょうか。
じつは、この登山道の奥には、とてもディープな世界があります。
なんちゃって。(笑)

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ

山歩き。
ハイキングとか、トレッキングとかいった言い方もあります。
山登り・・・といってもいいのですが、山登りと言うといかにも○○山に登るという感じで、山頂を目指す感じが強くなります。
山歩きというのは、もちろん山頂を目指してもいいのですが、そうじゃない山歩きというのもあっていいのです。
山登りならぬ、山歩きという言葉が存在すること自体が、それを物語っているような気もします。

さて、それではなぜ山歩きをするのでしょうか。
山歩きの「なぜ」を考えてみたいとおもいます。

■達成感をもとめて
 これは山歩きよりも山登りの「何故」という感じがしますが、「○○山に登頂、ヤッター!」というのが基本になります。
 達成感をもとめる場合、より高い達成感をもとめて展開してゆくことになります。
 どのように展開してゆくかというと、以下のような感じです。
・○メートルの山に登った!(ゴールはエベレスト?)
・○山に○回登った!(富士山に毎年登る人とか)
・いくつの山に登った!(百名山制覇!?)
・○時間で登った!(富士登山競争なんてあるらしいですよ)
・○日間かけて○から×まで縦走した!(南アルプス全縦走なんて、かなり自慢できるとおもいます)
・冬にも登った!(同じ山でも冬は難易度がグンと上がります)
 どうでしょうか。
 達成感とひと口で言っても、いろいろな楽しみ方があります。
 ただ、この路線で突き詰めてゆくと、ヒマラヤ遠征とかしないと収まりがつかないかも。(笑)

■景色を楽しむ
 山頂からの、あるいは山頂ではなくても、景色を楽しむために山に登るという方も多いとおもいます。
 朝日に赤く染まる岩肌や、一望の雲海や、燃えるような紅葉や・・・、と書くといかにも陳腐な感じなのですが、実際に素晴らしい景色を目の当たりにして、山歩きにのめり込む方も多いとおもいます。

FH000018.jpg

 こうした景色をカメラに収めるのもいいですし、絵を描くという方もいるとおもいます。

■花を見る
 山の中には、いろいろな花が咲いていたりします。
 ヤマザクラ、コブシ、ヤマツツジ、シャクナゲといった木に咲く花はもちろん、カタクリ、コマクサ、ミヤマキンバイ、なんとかウスユキソウなどの草花を探しながら歩くのが好きな方も多いですね。
 ちょっと調べると、この花を見るならいつ頃のこの山がいい、なんていうことも分かってきたりします。
 ドンピシャの季節に、見事に咲き乱れる花を見ることができたりすると、一生忘れられない思い出になるといってもいいかもしれませんね。

■山菜やキノコを採る
 きれいな景色や、花を見るのもいいですが、山菜やキノコを採るというのも、ある意味山歩きの目的に入れていいかもしれません。

FH000033.jpg

 まあ、普通の山歩きとはかなり異質になるのも事実なのですが。
 何が違うって、山菜採り、キノコ採りはふつう、道を歩きませんから。
 普通の山歩きをしながら、ちょっと寄り道してキノコを採るなんていう場合もあるとおもいます。

■運動として
 普段の運動不足対策として、休日にジョギングしたり散歩したりする方もいるとおもいます。
 この散歩、山道ですると山歩きになります。
 別に山道じゃなくてもいいのですが、山道での散歩にはいいところがあります。
・登ったり下りたりするので平地よりも負荷がかけられる
・達成感や景色といった要素もあるので飽きない

■ストレス解消のため
 運動して汗を流し、尾根を渡る風の冷たさを感じながらいい景色を堪能すれば、鬱積したモヤモヤも吹き飛びます。

 ここに挙げた以外にも、地図を見て計画を立てるのが(実際の山歩き以上に)好きなんだという人や、山で出会った人との交流にハマってゆく人もいます。

 山歩きが好きな方はたくさんいますが、なぜ好きなのかは人それぞれなのだとおもいます。
 キャンプ場の近くで登山者を見かけて気になっていたという方、今年は、ちょっと山歩きの世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

※その2につづく(予定)


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://simplecamp.blog16.fc2.com/tb.php/90-94eedc4b

0件のトラックバック

4件のコメント

[C158] 山はいいですね。

自然の世界には直線が存在しませんよね。
人間だけが直線の2次元の世界を作れる。
ビル。道路。道具....すべてが直線の2次元。
でも時々、疲れます。
藪漕ぎを好む私の場合、その辺に楽しみの根源があるような気がします。

藪の中を歩くとき、身体中が3次元な動きをします。
藪の中には、覆い茂るシダの群生を抜けて、四方2メートルぐらいのポカンと開けた空間が時々あります。そこに座って水を飲むと、原始的な思考が体中から湧き出て、なんともイキキとしてくる。
本来の自分が内から出てくる感じがあります。

ん~。何書いてるんでしょう,,,,,,,
とにかく.......
そこに藪があるから....................ですね。
  • 2010-03-15
  • Trek
  • URL
  • 編集

[C159] Re: 山はいいですね。

Trekさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 藪漕ぎを好む私の場合、その辺に楽しみの根源があるような気がします。

藪漕ぎ!ディープな世界ですね!
実は、我が家では藪漕ぎ好きに敬意を払う伝統があったりします。(なんのことやら・・・笑)
田舎の両親も山が好きなので、山梨に帰るとよく山の話をするのですが、そんな時によく話題になるのは、山好きが高じると藪漕ぎにたどり着くという話です。
実際の所、うそか本当かよくわからないのですが・・・。
  • 2010-03-16
  • ひのきぼらまる
  • URL
  • 編集

[C160] レッドカーペット

山歩きの友人を、藪に連れて行った時、こんな事言われたことがあります。
『さっきから右の道とか左の道とか言ってるけど、根本的に道の無い所に今、居る気がするんだけど.......しかもずっと中腰だし............』

ところがですね~。
長く藪を歩いてると、見えてくるんですよ。
藪の中にレッドカーペットが見えるんです。
クネクネと細いレッドカーペットが延々と先まで。
藪。止められません。
ひのきぼらまるさんがご近所なら誘ってるのに。残念。
  • 2010-03-17
  • Trek
  • URL
  • 編集

[C161] Re: レッドカーペット

Trekさん、こんばんは。

> 藪の中にレッドカーペットが見えるんです。
> クネクネと細いレッドカーペットが延々と先まで。
> 藪。止められません。

なるほど~。
そんな感じなんですねぇ~。
なんだかわかるような気がします。

> ひのきぼらまるさんがご近所なら誘ってるのに。残念。

たしかに、ちょっと遠いですね~。
Trekさんの裏山におじゃましたいのは山々ですが・・・。
  • 2010-03-17
  • ひのきぼらまる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

◆ブログランキング◆

ご覧いただいたついでに、下のいずれかひとつでもクリックしていただけるとありがたいです。
なぜありがたいかと申しますと、ブログのランキングが上がります。ブログのランキングが上がると何がそんなにいいのかと申しますと、はて、なぜなのでしょうか? ご協力ありがとうございます!(クリックは1日1回のみ有効です)

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

ひのきぼらまる

Author:ひのきぼらまる
こんにちは、ひのきぼらまるです。
三度の飯をキャンプ場で食べるのが大好きです。

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

amazon

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。